鉄道模型で有名な原氏の書籍

幼少の頃から鉄道をこよなく愛し、模型製作に没頭、エネルギッシュでいて大胆、ユーモア溢れる原信太郎氏のエピソードが綴られた本です。人生をかけられるほどに没頭できる趣味があるというのは本当に羨ましいことです。挿絵を担当させていただきました。細めの線で、挿絵としてうるさくならないよう配慮しました。横浜に同氏の模型博物館があり打ち合わせで初めて伺いましたが、実物を見るとまず細部まで妥協せず作り込まれている完成度に驚かされました。それをすべて一から手作りというさらなる驚きです。

「あの駅に着いたら…終着駅のない原信太郎という旅」

鉄道模型 エッセー